海外FXの口座開設で必要な書類や詳しいやり方

海外FXを始めるなら口座開設も忘れてはならない

日本の法律が邪魔をする

FXといえば、難しい取引と勘違いされますが仕組みはとてもシンプルなので投資が初めての方に向いています。しかし、日本の法律に従うと、利益に影響が出るので海外FXを始める方が急増しているわけです。

海外FXを初めて良かったこと

no.1

口座開設でレバレッジ増

海外FXを始める際に口座開設をすれば、レバレッジを数千倍になります。そのため、利益効率は日本のFXより倍になります。利益も増えるので、FXするのが楽しくなったという方が大勢います。

no.2

取引の幅が広がる

レバレッジが高くなるということは、失敗した場合大きな損失を背負うことを意味します。それを理由に、レバレッジが高すぎる口座は避けたいでしょう。ただ、レバレッジが最大の口座でも、それを抑えての取引は可能です。あくまで取引の幅を広げるためなので、レバレッジが400倍しかなければそれ以上の取引は不可となります。幅を広げるなら、最大で数千倍のレバレッジを使うために口座開設をするのが賢いでしょう。

no.3

ボーナスがもらえる

口座開設した後に入金すると、その金額に対してボーナスが支払われます。それを狙って、海外FXの口座開設をするケースもあります。また、もらったボーナスで取引をスタートさせることも可能です。お金がないという時に適しているでしょう。

海外FXの口座開設で必要な書類や詳しいやり方

貯金箱

口座開設で用意する書類

本人確認のための書類と今住んでいる住所がわかる書類は海外FXの口座開設で必ず必要となります。身分証は、運転免許証、写真付住基カード、パスポートいずれかを準備しましょう。所在地を確認するものは、公共料金の領収書や銀行の残高証明でもOKです。

気になる手順

必要な書類が集まったら実際に口座開設の手続きを行ないます。必要事項を入力して、書類の提出を行なうだけです。ただ、書類に関しては、業者で違う可能性もあるのでミスのないよう注意しましょう。

開設に関する注意点

口座開設をした後数分で使えるわけではありません。書類を確認し、取引ができる状態になるまで数日かかることもあります。早ければ、即日で可能でしょう。これは日本のFX業者に限った話ですが、海外FXで口座開設を行う際も何かしらのトラブルで遅くなることを想定しておく必要があります。

広告募集中