不動産を担保にする人に覚えておいてほしい業者の種類

不動産担保なら信頼できる業者に依頼するのが一番!

業者選びに必要な情報

不動産担保を扱う業者で、金利や審査のスピードは違ってきます。そのため、比較が大切になるでしょう。選定する上で欠かせないチェックポイントもあるので、スルーできません。

チェックしておく部分

金利

ある業者は金利が3%だったり、あるところは6%だったりと様々です。一番低いところで2%を切っていますから、金利を安くして月々の返済額を減らしたい時に助かります。

審査の方法

何らかの事情で早く融資を受けたいなら、審査のスピードができる業者がいいです。迅速に対応するところはその日で融資可能で、遅い業者でも4日以内には審査完了です。ただ、審査が丁寧なところだと、一週間は審査に時間を費やすでしょう。

実績をみる

不動産担保を利用する前に、業者の実績は調べておく必要があります。創業してから数十年以上の業者だと、一つの地域だけではなく日本全国で取引をしているので、事業者が多く利用しています。それも信頼に繋がるでしょう。

知識の有無

担保業者を選ぶ時は、担当者の知識量をしっかり見ておくべきです。例えば、財務を知らない担当者の要望を伝えても適切な答えは返ってきません。大事な説明を受けることさえできないでしょう。不動産担保で通史を受けるなら、財務の知識を多く持っていた方が安心できます。

不動産を担保にする人に覚えておいてほしい業者の種類

ウーマン

銀行で融資を受ける場合

特徴は、条件金利が低いことです。審査が非常に厳しく、価値が最も高い不動産を相手にします。銀行の審査に通れば、他の不動産担保業者の審査も高い確率で通るでしょう。

ノンバンクのケース

審査が甘めで、融資を受ける際の申し込みが非常に簡単なのがメリットです。審査のスピードが早く、即日融資も可能です。数千万円以上の融資が受けられるのもノンバンクならではです。

デメリットもある

返済期間が長かったり審査が甘いなど、銀行やノンバンクには様々なメリットがあります。反面、ノンバンクは銀行に比べて融資額が大きいものの、長期返済にすれば負担がかなり大きくなります。銀行の場合は、不動産価値を低く設定されたり融資できる金額に上限があったりするので高額融資には全く向いていません。しかし、用途に合わせて融資を受けたい人や金利低めでお金を借りたいなどの要望を叶えるのが銀行とノンバンクなので、利用する価値は十分あります。

比較が重要

金利、審査のスピード、実績などを考慮して探すなら、各業者との比較が重要です。大阪で探す場合ネットなら、希望する条件を細かく設定しての検索できるので、思い通りのところが見つかります。各業者の特徴が記載されているサイトなら知りたい情報が得られますよ。

広告募集中